Business in Hong Kong

香港でビジネスをする

香港は、そのビジネスのしやすい環境、法の支配、自由貿易に情報の自由な流れ、開かれた公平な競争環境、確立された包括的な金融ネットワーク、優れた交通・通信インフラ、高度なサポートサービス、そして教育水準が高く、意欲的な労働力を擁する柔軟性の高い労働市場で知られる国際都市です。香港ドルは完全な兌換性を持つ安定した通貨であり、香港の税制は簡素で、税率も低く抑えられています。

香港は貿易や投資の面で、中国本土への打ってつけのゲートウェイです。国際的な展望を得られ、アジア随一のビジネスハブとしての地位を誇る香港は、中国およびアジアの他の地域にあふれるチャンスをつかもうとする企業にとって、理想的な拠点となるでしょう。

2003年に香港は中国本土との間で独自の自由貿易協定、経済貿易緊密化協定(CEPA)を結んでいます。この協定は2004年1月1日に発効しました。

CEPAにより、香港で作られた製品はゼロ関税で中国本土に輸出することができ、香港のサービス提供者はサービス分野の48業種において、より有利な条件で中国本土市場への参入が図れます。CEPAの規定は国籍的に中立であるため、世界中の企業は香港で会社を設立するか、香港企業と提携することでCEPAの規定を満たせば、地元の香港企業と同じメリットを享受できるのです。

香港に事務所を設立したい、または既存の事業を拡大したいと望む海外の起業家、中小企業、多国籍企業は、InvestHK(投資推進局)にご連絡ください。香港政府の機関であるInvestHKは、計画の段階から事業の立ち上げ、拡大に至るまで、各種アドバイスや支援サービスを無料で提供しています。

香港でのビジネスについてのさらなる情報は、こちらをご覧ください。

香港と日本の貿易関係

香港と日本は緊密な貿易関係を維持しています。香港にとって日本は世界第3位の貿易相手国であり、第6位の域内産品輸出先、第3位の再輸出先、そして、第2位の輸入相手国です。

香港は2007年以降、日本の農林水産物および食品に関する最大の海外市場となっています。2011年に香港が日本から輸入した農林水産物・食品は、金額にして約1,110億円に上り、これは日本の農林水産物・食品輸出の約4分の1に当たります。

現在、香港には約7,000社の海外企業が進出していますが、うち220以上の地域統括本部と、900を超える数の地域支社または現地事務所が日本企業により設立されたもので、これはアメリカに次いで2番目に多い数となっています。日産自動車や日本通運および三井不動産といった企業が香港に拠点を設立した際の経験は、こちらで読むことができます。

香港・日本間の貿易関係についてのさらなる情報は、こちらをご覧ください。

さらなる情報は、下記のウェブサイトでご覧いただけます:

香港までの交通手段:

香港での交通手段:

宿泊施設:

香港で事務所の開設地を探す:

事業や会社の登記手続き:

経済レポート・商業統計:

不動産市場統計:

知的所有権:

輸出入:

観光:

グルメパラダイス:

ショッピング:

展示会・見本市:

香港貿易発展局:

Last Updated: October 12, 2016