Working in Hong Kong

香港で働く

香港にとって価値があり、香港で見つけるのは容易でない特別なスキルや知識、経験を有するプロフェッショナルや、香港経済に大きく貢献できるビジネスパーソンが香港で働くことを歓迎します。就業を目的として来港する方は、香港到着前に適切なビザ、または入境許可証を取得する必要があります。

雇用政策

就業のための香港入境に関する方針や取り決めについては、こちらで詳細をご覧いただけます。

優秀人材入境計画

優秀人材入境計画(QMAS)は、才能ある人材を中国本土や海外から香港に誘致し、香港でキャリアを伸ばしてもらうことを目的としています。この制度の下では、出願者は事前に香港での職を確保する必要はありません。優秀人材入境計画(QMAS)の点数制のシステムや申請方法については、こちらをご覧ください。

ワーキングホリデー制度

この制度に参加することで18歳から30歳までの日本の若者は、休暇のために香港を訪れ、その滞在の一部として短期の仕事に就き、香港の文化的・社会的発展についての理解を深めることができます。

香港-日本ワーキングホリデー制度は2010年1月1日から実施され、現在、双方とも年間1,500名を定員として同制度の参加者を受け入れています。この制度の参加者は、香港滞在中に同じ雇用主の下で3カ月を超えて働くことはできません。学習または研修の講座を一つに限り受講することができますが、その講座の期間は6カ月を超えてはなりません。詳細はこちらをご覧下さい。

下記のページもご覧ください:

香港までの交通手段:

香港での交通手段:

宿泊施設:

住居:

観光:

グルメパラダイス:

ショッピング:

教育・トレーニング:

就職:

香港の大学を卒業した非香港市民のための出入境管理規定:

税金:

保健医療サービス:

Last Updated: September 25, 2017