What's New

新型コロナウイルス感染予防・拡大防止対策

香港政府は新型コロナウイルス感染症に関する最新状況を鑑み、同感染症が外部から香港に持ち込まれ、地域社会に広がる可能性を減らすため、さまざまな感染予防・拡大防止対策を相次いで導入しています。

詳細はこちら

ファクトシート

February 24, 2021

<政府予算案>経済を立て直し、市民の負担を軽減するための施策

2月24日に発表した2021~22年度政府予算案において、香港特別行政区政府の陳茂波(ポール・チャン)財政長官は、香港の経済を立て直し、新型コロナウイルス感染症の流行の中で人々が経済的困難を乗り越えるのを助けるとともに、企業が現在の不況を乗り切ってパンデミック後の回復に備える支援をするため、多岐にわたる措置が実施されることを明らかにしました。また、金融サービス、イノベーションとテクノロジー、観光など、香港の主力産業の競争力を強化するためのさまざまな施策を打ち出しました。

詳細はこちら

政府予算案

January 29, 2021

有効な渡航文書および身分証明書としての英国海外市民(BNO)旅券の不承認

香港特別行政区政府は2021年1月29日、有効な渡航文書および身分証明書として英国海外市民(BNO)旅券を認めないことを発表しました。
2021年1月31日以降、香港において英国海外市民(BNO)旅券は出入境手続きに使用できなくなり、いかなる形の身分証明書としても認識されなくなります。関係する香港居住者は香港の出入境に際し、香港特別行政区パスポートまたは香港特別行政区永住性身分証を引き続き使用することができます。

詳細はこちら

December 25, 2020

政府は香港に到着する人に対する制限および強制隔離要件を強化

現在、飛行機で外国から到着する全ての非香港居住者は香港への入境を禁止されています。また香港に入境する全ての旅行者は、関連規則および関連計画により免除が定められている人を除いて、強制隔離が義務付けられています。
2020年12月22日から、隔離中の宿泊客と他の地元宿泊客との間での交差感染の可能性をさらに減らすため、外国から香港に到着する全ての旅行者は隔離用指定ホテルでの強制隔離が義務付けられており、香港の隔離用指定ホテルの宿泊予約確認書を提示しなければなりません。
さらに2020年12月25日から、到着日および到着日に先立つ21日以内に中国以外の地域に滞在歴のある人は、到着後21日間、隔離用指定ホテルで強制隔離の対象となります。

詳細はこちら

November 25, 2020

行政長官は香港経済に新たな推進力を注入するための措置を発表

林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は、11月25日に施政方針演説を行い、「一国二制度」の下での香港の利点を最大限に活用し、香港の経済を再起動し、広東・香港・マカオ大湾区での新たな機会を創出し、イノベーションとテクノロジーをより一層促進するための幅広い戦略を明らかにしました。

詳細はこちら

全文

November 11, 2020

香港特別行政区立法会議員の資格に関する全国人民代表大会常務委員会の決定

香港特別行政区政府は2020年11月11日、全国人民代表大会常務委員会(全人代常務委員会)が同日に下した香港特別行政区立法会議員の資格に関する決定に従い、立法会議員4名の資格取り消しを発表しました。この4名は以前、当初2020年9月6日に予定されていた第7期立法会選挙の立候補届け出期間中に、法に従って香港特別行政区により立候補資格を取り消されていました。この4名は以前、当初2020年9月6日に予定されていた第7期立法会選挙について、基本法を支持せず、香港特別行政区への忠誠の誓いを履行していないとして、法に依り立候補資格を取り消されていました。

詳細はこちら

September 10, 2020

香港に再び経済自由度世界一の評価

カナダのフレーザー研究所は、「2020年世界経済自由度報告書」で再び香港に世界一の評価を与えました。香港は、同報告書の発表開始以来、一貫してトップの評価を獲得しています。5つの分野別評価では、香港は「国際貿易の自由」と「規制」で1位でした。

詳細はこちら

Last Updated: February 26, 2021

▲ Page top