What's New

新型コロナウイルス感染予防・拡大防止対策

香港政府は新型コロナウイルスの感染に関する最新状況を鑑み、「公衆衛生上重要な新型感染症への準備および対応計画」に基づく対応レベルを1月25日、緊急対応レベルに引き上げたことを発表しました。ウイルスが外部から香港に持ち込まれ、地域社会に広がる可能性を減らすため、さまざまな感染予防・拡大防止対策が相次いで導入されています。

詳細はこちら

ファクトシート

November 25, 2020

行政長官は香港経済に新たな推進力を注入するための措置を発表

林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官は、11月25日に施政方針演説を行い、「一国二制度」の下での香港の利点を最大限に活用し、香港の経済を再起動し、広東・香港・マカオ大湾区での新たな機会を創出し、イノベーションとテクノロジーをより一層促進するための幅広い戦略を明らかにしました。

詳細はこちら

全文

November 11, 2020

香港特別行政区立法会議員の資格に関する全国人民代表大会常務委員会の決定

香港特別行政区政府は2020年11月11日、全国人民代表大会常務委員会(全人代常務委員会)が同日に下した香港特別行政区立法会議員の資格に関する決定に従い、立法会議員4名の資格取り消しを発表しました。この4名は以前、当初2020年9月6日に予定されていた第7期立法会選挙の立候補届け出期間中に、法に従って香港特別行政区により立候補資格を取り消されていました。全人代常務委員会の決定は、妥当かつ正当なものであり、基本法に則って下されました。

詳細はこちら

香港とシンガポールは「エアートラベルバブル」の制定で原則合意

香港とシンガポールは10月14日、双方の間に「エアートラベルバブル」を設けることで原則合意に達しました。同制度の下では、香港とシンガポールの両政府が相互に承認する新型コロナウイルス検査の結果が陰性である旅行者は、渡航目的の制限なく、検疫のための隔離や旅程の制限の対象とならずに双方の国・地域を訪れることができます。

詳細はこちら

September 10, 2020

香港に再び経済自由度世界一の評価

カナダのフレーザー研究所は、「2020年世界経済自由度報告書」で再び香港に世界一の評価を与えました。香港は、同報告書の発表開始以来、一貫してトップの評価を獲得しています。5つの分野別評価では、香港は「国際貿易の自由」と「規制」で1位でした。

詳細はこちら

Last Updated: November 27, 2020

▲ Page top