• YouTube
  • Twitter
  • flickr
  • flickr

インベスト香港のSNS

インベスト香港(東京事務所)へのお問い合わせ

invest@hketotyo.gov.hk

インベスト香港
(東京事務所)

本ページではインベスト香港 東京事務所が独自に発行しているeニュースレターや日本で開催するビジネスイベント・情報等を掲載します。
皆さまの情報収集やビジネスプランニングにお役立てください。

香港における会社設立・事業拡大のご相談は東日本担当:橋場 Email. k_hashiba@hketotyo.gov.hk Tel. 03-3556-8961または西日本担当:中田 Email. tnakata@investhk.com.hk Tel. 06-4705-7019までご連絡下さい。

その他詳細につきましてはこちらをご参照ください。

バックナンバー

  • eニュースレター
  • イベント
    &ニュース
  • プレスリリース
    &進出事例

2021年9月16日

【インベスト香港(東京)ニュースレター第16号】

各位

平素より大変お世話になっております。インベスト香港 東京事務所です。
先週から今週にかけて、香港政府は、中国本土とマカオからの入境に関する特別措置「Return2HK(回港易)」の完全再開と「Come2HK(来港易)」の導入につき発表し、実施しましたので、お知らせします。お役立ていただけますと幸いです。

インベスト香港(東京)ニュースレター (第16号)

【今回のトピックス】
  • 1. 中国本土とマカオからの入境に関する強制検疫(隔離)免除措置「Return2HK回港易(9月8日全面再開)」と「Come2HK来港易(9月15日実施)」について
  • 2. オンラインセミナー「香港および広東・香港・マカオ大湾区における日系企業の商機」(9月28日開催)

1. 中国本土とマカオからの入境に関する強制検疫(隔離)免除措置「Return2HK回港易(9月8日全面再開)」と「Come2HK来港易(9月15日実施)」について

香港政府は、最近の感染状況の改善を鑑み、中国本土およびマカオからの入境に関し、入境制限を緩和するための特別措置「Return2HK(回港易)」の全面再開および「Come2HK(来港易)」の実施を発表しました。これにより、一定の条件を満たす香港居民および非香港居民は、中国本土およびマカオから香港への入境に際し、14日間の強制検疫が免除されます。

Return2HKは、昨年11月にマカオおよび広東省滞在中の香港居民を対象に開始され、後に中国全土も対象としていましたが、感染状況の変化により対象地域の縮小がなされ、直近の9月7日までは広東省に滞在する香港居民のみが対象となっていました。今回の発表をもって、9月8日からは、中国本土およびマカオに対象地域を拡大しての全面再開となりました。

Come2HKは、条件を満たした非香港居民が広東省およびマカオから入境する際に適応可能な特別措置です。当初は本年5月開始を予定していましたが、感染状況の変化により延期されてきました。今回満を持しての導入となります。Return2HKとは異なり、広東省以外の中国本土は対象となりませんので、ご注意ください。

Return2HKとCome2HKに関しても諸外国・地域からの入境制限と同様、中国本土およびマカオの感染状況に応じて、リスクの高い地域(「リスク指定地域」)を随時指定します。リスク指定地域に香港到着日から遡って過去14日以内に滞在歴がある場合はReturn2HKとCome2HKの対象外となるため、最新の情報にご注意ください。(9月16日時点では、広東省と中国本土のそれぞれの一部地域が、リスク指定地域に指定されています。)

また、入境ポイントごとに1日の上限人数が割り当てられているため、特別措置を受けるためには事前申請が必要です。手続きの詳細については、以下、公式ページにてご確認ください。

Return2hkの詳細はこちら:
https://www.coronavirus.gov.hk/eng/return2hk-scheme.html

Come2hkの詳細はこちら:
https://www.coronavirus.gov.hk/eng/come2hk-scheme.html

リスク指定地域リストはこちら:
https://www.chp.gov.hk/files/pdf/at_risk_places_temporarily_inapplicable_underreturn2hk.pdf

【概要】

  • 注意事項:
  • ※PCR検査の陰性証明の電子管理システム“Yuekang Code” (広東省の場合) か “Macao health code” (マカオの場合)を使用し、電子健康申告を完成させる必要があります。
  • ※広東省、マカオ、香港の認定医療機関の発行するPCR検査陰性証明の取得が必要です。
  • ※香港への入境後は14日間の隔離は免除されますが、14日間の自己経過観察が必要です。
  • ※香港滞在期間中には、到着日から3、5、9、12、16、19日目にそれぞれPCR検査を受ける必要があります。PCR検査は、コミュニティ検査センターもしくは認定医療機関で実施します。但し、19日目のPCR検査は必ずコミュニティ検査センターでの実施が必要です。
  • ※ワクチン接種完了の有無は問われません。

2. オンラインセミナー「香港および広東・香港・マカオ大湾区における日系企業の商機」(9月28日開催)

インベスト香港は、深圳市商務局とKPMG香港事務所と共同で、オンラインセミナー「香港および広東・香港・マカオ大湾区における日系企業の商機」を開催します。
本オンラインセミナーでは、大湾区における商機と香港および深圳の戦略的位置づけ、香港や深圳を経由した大湾区市場さらには中国本土市場への参入方法、税務と法律面での優位性や留意点等についてご説明します。また、香港を経由して大湾区に進出した海外企業の事例もご紹介します。
皆様、奮ってご参加ください!

お申し込みはこちらから:
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_xZYwsuJPS8-hBun7brNbLA

  • 開催日時:2021年9月28日(火)日本時間 15:00 pm – 16:30 pm
  • 主催:香港特別行政区政府投資推進局(インベスト香港)、深圳市商務局、KPMG香港事務所
  • 共催:SF Lawyers in association with KPMG Law
  • 後援:日本貿易振興機構(ジェトロ)香港事務所、日本商工会議所、香港日本人商工会議所、香港特別行政区政府駐東京経済貿易代表部
  • 使用言語:英語・日本語(同時通訳有)
  • 参加費:無料

ニュースレターの内容やその他香港に関するご質問・ご相談は、こちらのメールアドレスまたは電話番号までご連絡下さい。
Email: k_hashiba@hketotyo.gov.hk (担当:橋場・北見・浜川)
Tel: 03-3556-8961
配信停止をご希望の方は本メールアドレス:(invest@hketotyo.gov.hk)に空メールをご返信下さい。

香港経済貿易代表部 Hong Kong Economic & Trade Office
投資推進室 InvestHK Desk
Tel: 03-3556-8961  Fax: 03-3556-8960
〒102-0075東京都千代田区三番町30-1
E-mail: k_hashiba@hketotyo.gov.hk
URL: 
http://www.InvestHK.gov.hk (InvestHK)
http://www.hketotyo.gov.hk (香港経済貿易代表部)

2021年12月2日
Webinar「香港 ― 2050年カーボンニュートラル達成への道筋 ~その目標とチャンス~」
2021年11月25日
クリエイティブ産業:イノベーションと成長を促すドライバー~香港、オーストラリア、日本、韓国の専門家の視点から~
2021年11月10日-11月13日
メッセナゴヤ2021
2021年10月29日
オンラインセミナー「香港 ― グリーン&サステナブル・ファイナンスのハブ〜リターンと意義を両立する投資」
2021年9月28日
オンラインセミナー「香港および広東・香港・マカオ大湾区における日系企業の商機」
2021年9月14日
オンラインセミナー「香港の投資環境及びファミリーオフィス事業」
2021年7月29日
香港におけるAIとロボティクスの最前線 ~研究開発とビジネスでの活用、香港からアジア各国への展開~

【プレスリリース】2021年11月17日
京都一の傳が「The Mussels」をオープン、香港での事業の拡大と多様化を推進

創業90年を超える日本の外食グループ・京都一の傳が本日(11月17日)、香港にて「The Mussels(ザ・マッスルズ)」という新たなフランス料理店をオープンしました。コロナ禍においても継続的に事業の拡大と多様化を推進します。

The Musselsの一皿

The Musselsの一皿

The Musselsは京都一の傳が香港で展開する4つの日本食店(京都一の傳、富小路やま岸、Susoshuおよび焼肉而今)に加わる新たなブランドです。同店は尖沙咀(チムサーチョイ)からビクトリア・ハーバーを眺める高級ショッピングセンター内に立地し、洗練されたフランス料理を手頃な価格で提供します。パリのサイドウォークカフェをモチーフにしており、路面店形式のレストランになっています。「コンセプトはパリのカフェのようにロマンチックな雰囲気にすることです。舌の肥えた香港の方たちに新しい美食経験を提供します」と京都一の傳(香港)の田中准平社長は語りました。

田中氏はさらに次のように語りました。「香港での事業を多様化させ、京都一の傳(香港)を東アジアにおける地域統括会社として機能させたいと考えています。アジアの中心に位置し、中国本土にも隣接している香港は、東アジアと中国本土の市場において当社のブランドを効率的に発展させる上では理想的な場所なのです。」

田中氏はさらに続けました。「中長期的には香港でのレストランブランドを多様化させ続け、次の12~18か月でさらに10店ほどのお店をオープンしたいと考えています。コロナ禍にかかわらず香港にはまだまだ事業機会があると前向きに捉えていますし、これからも積極的に事業を拡大していきます。」

香港投資推進局(インベスト香港)のチャールズ・ン局長代理は次のように述べました。「京都一の傳が香港に新たなレストランブランドを誕生させたことを嬉しく思います。これは単にレストランの選択肢が1つ増えたということではなく、香港の外食市場がまだまだ有望であるということを証明するものです。香港における同社のさらなる事業拡大を期待しています。」

The Musselsについて

The Musselsは尖沙咀でワインと食事が楽しめる新しいフランス料理店。カジュアルなパリ風の美食経験を味わえる。おすすめは4種類の異文化フレーバー漂うムール貝の一皿。詳しくは www.facebook.com/themussels.hk または www.instagram.com/themussels.hk をご覧ください。

香港投資推進局(インベスト香港)について

香港投資推進局(インベスト香港)は、香港に直接投資を誘致するために設立された香港特別行政区政府の一部局で、海外および中国本土の企業が香港で事業を設立あるいは拡大する際の支援を行っています。個々の要望に応じたサービスやアドバイスを無償で提供しています。詳しくはwww.investhk.gov.hkをご覧ください。

本プレスリリースに関する写真は次のリンクをご覧ください:
www.flickr.com/photos/investhk/albums/72157720175439150

以上/2021年11月17日 水曜日

▲ Page top