• YouTube
  • Twitter
  • flickr
  • flickr

インベスト香港のSNS

インベスト香港(東京事務所)へのお問い合わせ

invest@hketotyo.gov.hk

インベスト香港
(東京事務所)

本ページではインベスト香港 東京事務所が独自に発行しているeニュースレターや日本で開催するビジネスイベント・情報等を掲載します。
皆さまの情報収集やビジネスプランニングにお役立てください。

香港における会社設立・事業拡大のご相談は東日本担当:橋場 Email. k_hashiba@hketotyo.gov.hk Tel. 03-3556-8961または西日本担当:中田 Email. tnakata@investhk.com.hk Tel. 06-4705-7019までご連絡下さい。

その他詳細につきましてはこちらをご参照ください。

  • eニュースレター
  • イベント
    &ニュース
  • プレスリリース
    &進出事例

2021年4月5日

【インベスト香港(東京)ニュースレター第12号】

各位

平素より大変お世話になっております。インベスト香港 東京事務所です。

香港では、徐々に活気が戻りつつあります。今回はスタートアップイベントや香港のインフラ投資、感染症流行下でも好調なビジネス等についてお知らせします。
お役立ていただけますと幸いです。

インベスト香港(東京)ニュースレター (第12号)

【今回のトピックス】
  • 1. オンラインセミナー:4月22日(木)香港 ― ビジネスに有利な中国へのゲートウェイ
  • 2. Corporate Innovation Summit | Global Matching 2021
    (主催:香港サイエンスパーク、投資家や企業と世界のスタートアップとのマッチングイベント)
  • 3. Global Regtech Challenge launched to grow local regulatory technology
    (主催:香港金融管理局、銀行業界向けRegtechのグローバルコンテスト)
  • 4. Building for the future – 長期的発展に向けた香港のインフラ投資 -
  • 5. 香港における好調なアートビジネスとデザイン業界
  • 6. 創薬を人工知能でサポートする企業が香港へ本社を移転し事業を拡大

1. オンラインセミナー:4月22日(木)香港 ― ビジネスに有利な中国へのゲートウェイ

「一国二制度」の下、独自の利点を備えた香港は、中国本土と世界をつなぐビジネスに有利な重要ゲートウェイです。本ウェビナーでは、林鄭月娥(キャリー・ラム)香港特別行政区行政長官が、広東・香港・マカオ大湾区発展計画の新たなイニシアチブについて最新情報をご紹介します。香港で事業を展開する著名日本企業の経営陣および日本貿易振興機構(ジェトロ)香港事務所長をお迎えし、香港と大湾区でのビジネスチャンスについての洞察を共有していただきます。

日付:2021年4月22日(木)
時間:16:00〜17:30 (日本時間 GMT+9)、15:00〜16:30(香港時間 GMT+8)
使用言語:日本語と英語(同時通訳あり)

お申込みはこちら:
https://us02web.zoom.us/webinar/register/WN_yNfaoGF_Qwq1fVa_cf6bRA

2. Global Matching 2021

Global Matchingは、2年毎に香港サイエンスパークが主催する企業や投資家と世界のスタートアップおよびテクノロジーベンチャー企業とのマッチングイベントです。香港の名だたる企業グループや香港で活躍する多国籍企業等が、スタートアップの革新的な技術・サービスの導入やスタートアップへの投資を目的に参加しています。香港や広東省でのビジネス拡大や資金調達を検討しているスタートアップやテクノロジーベンチャー企業は、是非ご応募下さい。

応募締切:2021年4月16日

詳しくはこちら:
https://gaa.info.hkstp.org/en/challenges/cisummit2021/pages/global-matching-2021?lang=en

3. Global Regtech Challenge launched to grow local regulatory technology

香港金融管理局は3月25日、”Global Regtech Challenge”をローンチしました。同コンテストは香港の銀行業界におけるRegulatory Technology (Regtech) の導入を促すために開催されます。現在、香港の銀行が直面するリスクマネジメントおよび規制コンプライアンスの弱点における解決策を世界中のRegtechプロバイダーのソリューションに期待しています。

応募締切:2021年4月16日

詳しくはこちら:
https://matchi.biz/hkma-global-regtech-challenge

4. Building for the future

香港は中国本土および香港域内と世界各国を繋ぐべく、インフラ設備に多額の資金を投入しています。
これらのプロジェクトは、香港の長期的発展へのビジョンを示しています。

プロジェクト等の詳細はこちら:
https://www.brandhk.gov.hk/uploads/brandhk/files/factsheets/Hong_Kong_Themes/Building-for-the-future-E.pdf

5. 香港における好調なアートビジネスとデザイン業界

多数のオークションハウス、アートギャラリー、アートコンサルティングオフィスを有する世界有数のアート市場である香港が、なぜ感染症流行による苦境から逸早く回復できたのか、業界の主要プレーヤーが解説します。

Facebook:https://www.facebook.com/brandhk.isd/posts/2114228282045741
LinkedIn:https://www.linkedin.com/posts/brand-hong-kong_the-booming-business-of-art-in-hk-activity-6781099971098787840-82MV/
Instagram:https://www.instagram.com/p/CM4BPjjhiZB/

また、香港では2019年~2020年にかけて、感染症流行下にもかかわらず欧米よりデザインスタジオの進出が見られました。ロンドンよりフードデザインスタジオのBompas & Parr、スペインよりインテリアデザインスタジオのAmy Butler、そしてサンフランシスコの建築デザインスタジオのEight Inc.が香港で事務所を設立し、順調に事業を開始しています。

詳しくはこちら:
https://www.dezeen.com/2021/03/18/invest-hk-creative-studios-hong-kong/

6. 創薬を人工知能でサポートする企業が香港へ本社を移転し事業を拡大

人工知能で創薬をサポートする企業Insilico社は、2年前にアメリカから香港へ本社を移転させました。拡大を続ける世界第2位の製薬市場である中国本土では、同社のような人工知能や機械学習技術への需要が高く、またそれらの技術へ積極的に投資する投資家も香港や中国には数多く存在することを、創業者兼CEOのAlex Zhavoronkov氏は強く感じています。

詳しくはこちら(記事を読むにはDeal Street Asiaへの無料登録が必要となります):
https://www.dealstreetasia.com/stories/pharma-mainland-china-insilico-232741/
Insilico社ウェブサイト:https://insilico.com/

ニュースレターの内容やその他香港に関するご質問・ご相談は、こちらのメールアドレスまたは電話番号までご連絡下さい。
Email: k_hashiba@hketotyo.gov.hk (担当:橋場・浜川)
Tel: 03-3556-8961
配信停止をご希望の方は本メールアドレス(invest@hketotyo.gov.hk)に空メールをご返信下さい。

香港経済貿易代表部 Hong Kong Economic & Trade Office
投資推進室 InvestHK Desk
Tel: 03-3556-8961  Fax: 03-3556-8960
〒102-0075東京都千代田区三番町30-1
E-mail: k_hashiba@hketotyo.gov.hk
URL: 
http://www.InvestHK.gov.hk (InvestHK)
http://www.hketotyo.gov.hk (香港経済貿易代表部)

2021年4月22日
オンラインセミナー「香港―ビジネスに有利な中国へのゲートウェイ」
2021年2月25日
インベスト香港&KPMG オンラインセミナー:「グローバルサプライチェーンにおける香港の役割」 ~香港活用法の再確認~
2020年11月16日-12月11日
メッセナゴヤ2020グローバルセミナー「香港のビジネス環境 トレンドとその活用法」
2020年11月17日
オンラインセミナー「香港のビジネス最前線と日本企業にとっての事業機会」
2020年11月6日
インベスト香港オンラインセミナー「香港での新しいフィンテックのトレンド」

【プレスリリース】2021年2月26日 京都本社の外食企業が香港で新たな焼肉ブランドを創出

創業90年を超える日本の外食グループ・京都一の傳が本日(2月26日)、香港において新たなレストランブランド「焼肉而今(じこん)」をオープンさせました。事業拡大計画を推し進める中、「京都一の傳」「富小路やま岸」および「Susoshu」の成功に続いて香港では4店舗目のオープンとなります。

尖沙咀(チムサーチョイ)にオープンした「焼肉而今」

「焼肉而今」は懐石のコンセプトと日本のモダン焼肉文化を融合させています。

尖沙咀(チムサーチョイ)のビクトリア・ハーバー沿いにある高級ショッピングセンター内に位置するこの新しい焼肉店は、懐石のコンセプトと日本のモダン焼肉文化を融合させています。同店は、2019年に香港にオープンして早くもミシュランガイドに掲載された高級京懐石料理店「富小路やま岸」の姉妹ブランドという位置付けです。

京都一の傳(香港)の田中准平社長は次のように語りました。「当社のレストランブランドが香港で受け入れられていることを嬉しく思います。日本食に対して強い情熱を持ち、質の高い食事と経験を常に求める香港の方々のおかげで、当社は成功することができています。それが次なるブランドを創出する原動力になります。今後1~2年で、香港において10店舗まで増やす目標です。」

田中氏はさらに次のように付け加えました。「香港はアジアの中心に位置し、中国本土にも隣接しています。東アジアや中国本土の外食市場を開拓する上では理想的な場所です。また香港は物流や輸送面でも非常に優れており、当社のレストランに質の高い食材を効率的に供給することを可能にしています。将来的には香港を地域統括拠点やコーポレートトレジャリーセンター(CTC)として活用することを視野に入れています。」

香港投資推進局(インベスト香港)のジミー・チャン局長代理は次のように述べました。「京都一の傳の香港における事業拡大を嬉しく思います。ただ単に新たなレストランブランドを創出したというだけでなく、同社の取り組みは香港の外食産業への追い風となります。香港にとどまらず、同社のさらなる発展を期待しています。」

焼肉而今(じこん)について

焼肉而今(じこん)は日本から直送される高級和牛を堪能できる新しい焼肉ブランド店です。懐石のコンセプトと日本のモダン焼肉文化を融合させています。肉は100年以上の歴史を持つ東京の和牛サプライヤーから直接仕入れています。

詳しくはこちらwww.facebook.com/yakiniku.jikonまたはwww.instagram.com/yakiniku_jikonをご覧ください。

香港投資推進局(インベスト香港)について

香港投資推進局(インベスト香港)は海外直接投資を誘致するために設立された香港特別行政区政府の一部局で、海外および中国本土の企業が香港で事業を設立あるいは拡大する際の支援を行っています。個々の要望に応じたサービスやアドバイスを無償で提供しています。詳しくはwww.investhk.gov.hkをご覧ください。

本プレスリリースに関する写真は次のリンクをご覧ください:
www.flickr.com/photos/investhk/albums/72157718423152963

▲ Page top