• YouTube
  • Twitter
  • Linkedin
  • flickr

インベスト香港のSNS

インベスト香港(東京事務所)へのお問い合わせ

invest@hketotyo.gov.hk

インベスト香港
(東京事務所)

本ページではインベスト香港 東京事務所が独自に発行しているeニュースレターや日本で開催するビジネスイベント・情報等を掲載します。
皆さまの情報収集やビジネスプランニングにお役立てください。

香港における会社設立・事業拡大のご相談は東日本担当:橋場 Email. k_hashiba@hketotyo.gov.hk Tel. 03-3556-8961または西日本担当:中田 Email. tnakata@investhk.com.hk Tel. 06-4705-7019までご連絡下さい。

その他詳細につきましてはこちらをご参照ください。

バックナンバー

  • eニュース
    レター
  • イベント&
    ニュース
  • プレスリリース&
    進出事例(日系)
  • プレスリリース&
    進出事例(日系以外)
  • 動画

2022年5月31日

【インベスト香港(東京)ニュースレター第21号】

各位

平素より大変お世話になっております。インベスト香港 東京事務所です。

今月のニュースレターをお届けします。

インベスト香港(東京)ニュースレター (第21号)

【今回のトピックス】
  • 1. 2022年第1四半期 香港経済指標及び実質GDP成長率予測の発表
  • 2. PR動画: 香港の新しいビジネストレンドと活躍する企業
         宝飾品ビジネスハブとしての香港の魅力
  • 3. 香港進出企業の事例紹介

1. 2022年第1四半期 香港経済指標及び実質GDP成長率予測の発表

5月13日、香港政府は2022年第1四半期における経済指標及び最新の2022年実質GDP成長率予測を発表しました。輸出及び地域内経済活動の急激な悪化などにより、2022年第1四半期実質GDPは前年同期比で4%減となり、季節調整済み失業率も5.0%と顕著に上昇しました。今後、ウクライナ情勢の緊張が続くことに伴う各国中央銀行の金融引締めによる世界経済の悪化が、香港の輸出にも影響を与えると予想されていますが、一方で国境を越えた輸送の混乱は徐々に緩和し回復の余地があることや、新型コロナウイルス感染症流行の沈静化と政府支援による域内需要の回復を考慮し、2022年実質GDP成長率予測は1-2%への下方修正としました。主な指標や詳細については、以下の表及びプレスリリースをご参照ください。

表1. 2022年の実質GDP成長率予測

表2.主要経済指標増減率の推移

香港政府プレスリリース
https://www.info.gov.hk/gia/general/202205/13/P2022051300415.htm

香港政府統計局プレスリリース
https://www.censtatd.gov.hk/en/press_release_detail.html?id=5046

2. PR動画:香港の新しいビジネストレンドと活躍する企業
宝飾品ビジネスハブとしての香港の魅力

前号(第20号)に引き続き、香港の新しいビジネストレンドと活躍する企業をご紹介するPR動画をお届けします。今回は、クラウドキッチンとアグリテックの2社です。加えて、宝飾品ビジネスハブとしての香港の魅力についてご紹介するPR動画も作成しましたのでご覧ください。日本語字幕付きです。

1)Cooking in the Cloud: https://www.youtube.com/watch?v=TsTwA-8M094

「クラウドキッチンを活用したフードデリバリーサービス」

出演企業: FRESHLANE
同社のクラウドキッチンでは複数のレストランが入居し、コストを最小限に抑えながらも衛生的で効率の良い宅配サービスを消費者に提供

2)Greenovation - The Future of Food:https://www.youtube.com/watch?v=o9S528zYCD0

「アグリテック(農業+IT技術)を駆使した未来型農業・植物工場」

出演企業: ① FARMACY
LED植物工場技術やその他最先端農業技術によりハーブを生産。フードロス対策や持続可能な農業に貢献
② AQUA GREEN
水耕栽培とデータ駆動型農業で葉物野菜を生産。環境汚染対策や持続可能な農業に貢献

3) What makes HK one of the world's gems & jewelry hubs? :https://www.youtube.com/watch?v=zfCr2SUFwuE

「何が香港を世界の宝飾品ハブとさせているのか」

出演企業: KGK Group、The Gemological Institute of America、 Hong Kong Jewelry Manufacturers’ Association、The J-Hub
自由港である魅力、通貨規制のないこと、大湾区、盛んな展示会、優秀な人材、中国との近接性などが理由として語られています。

3. 香港進出企業の事例紹介

今回は、クリエイティブ産業1社、接客サービス・旅行産業2社、フィンテック3社、金融サービス2社、小売消費財1社、科学技術産業1社をご紹介します。

<クリエイティブ産業>

●伊藤忠商事、Rights & Brand Asia社に出資し人気アニメキャラクターを中華圏に 

Rights & Brand Asia社(本社:香港)は、香港の PPW Sports &Entertainment、伊藤忠商事株式会社、フィンランドの Moomin Characters Oy、スウェーデンの R&B Licensing ABによる合弁会社で、中華圏市場におけるブランドを扱うライセンスエージェントです。先ずは、フィンランド発のアニメキャラクター「ムーミン」の中華圏における人気を生かし、ホーム&ファッションといった重要カテゴリーでのビジネスを成長させていく予定です。

「香港は、ライセンス業界にとって理想的な戦略拠点となっています」
Bianca Lee
CEO, Rights & Brand Asia

詳しくはこちら(日):
https://www.investhk.gov.hk/ja/case-studies/beloved-animated-characters-greater-china.html

<接客サービス・旅行産業>

●タイのデザートブランド「After You Dessert Cafe」が海外1号店を香港にオープン

タイの上場企業 After You のデザートブランド「After You Dessert Cafe」は、香港に海外1号店をオープンしたことを発表しました。新店舗は、コーズウェイベイ(Causeway Bay)の中心部に位置しています。

詳しくはこちら(英):
https://www.investhk.gov.hk/en/news/thai-dessert-brand-after-you-dessert-cafe-chooses-hong-kong-first-overseas-branch.html

●インド出身のウェルネス起業家、香港に健康志向のレストラン&スペシャリティカフェをオープン

ウェルネス起業家Nobin John氏は、香港に新しいレストラン&スペシャリティカフェ「Orka」(オルカ)をオープンし、持続可能で健康に焦点を当てたダイニング体験を提供することを発表しました。

「香港の人々は健康志向が高く、食品の持続可能性、社会的責任、品質に関心を持つようになり、あらゆることに気を配ったマインドフルな食事の実践に取り組み始めています」
Nobin John
Co-founder, Orka Wellness

詳しくはこちら(英):
https://www.investhk.gov.hk/en/news/wellness-entrepreneurs-open-health-conscious-restaurant-specialty-caf-hong-kong.html

<フィンテック>

●健全なデジタルゲイン

BCテクノロジーグループのグループ企業であるOSLは、香港証券先物委員会(SFC)からデジタル資産事業に関するタイプ1(証券売買)およびタイプ7(自動売買サービスの提供)のライセンスを取得した最初の企業で、富裕層(HNWI)、トレーダー、ブローカー、ファンド、デジタル資産保有者などの機関投資家やプロ投資家向けに、安全かつ確実に取引できるデジタル資産プラットフォームを提供しています。

「香港はデジタル資産投資家にとって最も投資しやすく、安全な地域の一つとなっています。世界で最も成功しているデジタル資産企業のいくつかは、過去数年の間に香港で設立または上場しています。」
Wayne Trench
CEO, OSL

詳しくはこちら(英):
https://www.investhk.gov.hk/en/case-studies/robust-digital-gains.html

●プライベートエクイティ投資会社のAlpha Win、香港の資本市場に対する優遇政策の恩恵により大きく成長

香港に本社を置くAlpha Win Capital Limitedは、生物医学とテクノロジーの分野に特化した株式投資を中核事業としています。今後、同社は投資先企業に資本と資源を注入し続け、3〜5年の間に、香港を拠点にGBAにサービスを提供するブティック型プライベートエクイティ投資機関に成長することを目指します。

「資産運用業界にとって、香港は成熟した金融市場であり、中国本土および世界の主要窓口です」
LiLi Ying
CEO, Alpha Win

詳しくはこちら(英):
https://www.investhk.gov.hk/en/case-studies/driving-growth-through-new-policy-initiatives.html

●中小企業向けオンライン決済ソリューション

香港に本社を置くStatrysは、2018年に設立され、アジアの中小企業や起業家向けに、ユーザーフレンドリーで、信頼性、経済性、透明性の高いオンライン決済ソリューションを提供しています。

「FinTech業界に対する政府の絶大な支援はもちろん、香港の金融チャネルを利用して香港から海外へ進出するプロセスは、非常にスムーズです」
Bertrand Theaud
Founder, Statrys

詳しくはこちら(英):
https://www.investhk.gov.hk/en/case-studies/online-payment-solutions-smes.html

<金融サービス>

●ファミリーオフィスが広東・香港・マカオ大湾区(GBA)で活躍するための豊富な機会

中国の華泰國際金融控股有限公司(華泰国際)は、香港と中国本土の緊密性を最大限に生かし、ファミリービジネスのクライアントにサービスを提供しています。

「香港-GBA間での越境銀行口座開設制限が徐々に緩和される中、新しい越境資産管理コネクトスキームは、オフショア人民元センターとしての香港の評判をさらに高め、GBA発展の青写真における香港の重要性を高め、越境ファミリーオフィスの成長に貢献するでしょう」
Vicky Li
Huatai Financial Holdings (Hong Kong) Limited

詳しくはこちら(英):
https://www.investhk.gov.hk/en/case-studies/ample-opportunities-family-offices-flourish-gba.html

●資産運用会社AvantFaire Investment Managementは、テーラーメイドの資産運用サービスを通じて、ファミリーオフィスの社会・環境的インパクトにおける目標達成を支援

AvantFaireは、アジアで初めてBコーポレーションの認証を受けた株式運用会社で、国連が提唱する「責任投資原則」と国際金融公社が主導する「インパクト投資の運用原則」に署名しています。

「香港は1世紀以上にわたって世界のビジネスの中心地です。世界のさまざまな地域の人々とコラボレーションすることは、文化の多様性と包括性を受け入れている香港のビジネスマンのDNAにすでに組み込まれているのです。設立以来、投資チームの中心メンバーの入れ替わりはなく、香港の人材の質の高さには満足しています」
Catherine Chen
Founder & CEO, AvantFaire Investment Management

詳しくはこちら(英):
https://www.investhk.gov.hk/en/case-studies/investment-impact.html

<小売消費財>

●ブラジルの大手ECプラットフォーマーAmericanas、香港に調達オフィスを開設

ブラジルのEコマース小売大手、Americanasは国際貿易センターとしての香港の地位を活用し、この地域での対外貿易事業、特に大陸からの輸入事業を加速させると発表しました。

「香港事務所では、国際物流業務経験の豊富な現地の幹部チームが、弊社グループの越境業務のサポートに加え、サプライヤーとの厳しい交渉、潜在顧客の発掘、品質管理の強化に焦点を当て、運営をしています」
Sergio Alcure
Director, Americanas Hong Kong office

詳しくはこちら(英):
https://www.investhk.gov.hk/en/news/americanas-opens-new-sourcing-office-hong-kong.html

<科学技術産業イノベーション&テクノロジー>

●ドイツに本拠地を置くスマート照明ソリューション企業Sycra Technologies Limited、グローバル展開に向け香港の事業を拡大

ドイツのスマート照明ソリューション企業であるSycraは、世界戦略の一環として、香港のハイテクに優しいビジネス環境と有利な政策を活用し、香港チームを拡張したことを発表しました。

「香港は、中国本土の生産能力と、革新的な技術や生活を便利に変化させる製品に対する世界のニーズをつなぐ架け橋として機能しています。それだけでなく、弊社のようなテクノロジー企業を歓迎し、多くの政府機関による支援を受けられる技術拠点として、当社の事業展開に大きく貢献する場所です」
Asher Sun
CEO, Sycra

詳しくはこちら(英):
https://www.investhk.gov.hk/en/news/germany-based-smart-lighting-solution-company-scales-hong-kong-operation-global-expansion.html

ニュースレターの内容やその他香港に関するご質問・ご相談は、こちらのメールアドレスまたは電話番号までご連絡下さい。
Email: s_kitami@hketotyo.gov.hk (担当:北見)
Tel: 03-3556-8962
配信停止をご希望の方は本メールアドレス:(invest@hketotyo.gov.hk)に空メールをご返信下さい。

香港経済貿易代表部 Hong Kong Economic & Trade Office
投資推進室 InvestHK Desk
Tel: 03-3556-8961  Fax: 03-3556-8960
〒102-0075東京都千代田区三番町30-1
URL: 
http://www.InvestHK.gov.hk (InvestHK)

2022年7月7日
オンラインセミナー「香港におけるバイオテックイノベーションとバイオテック向け投資」
2022年6月29日
ビジネスセミナー「香港における食品工場およびセントラルキッチンを対象とした資金援助と製造施設」
2022年3月24日
オンラインセミナー:香港におけるフードサービスと小売・eコマースの商機~デジタルエコシステムの活かし方~
2021年12月2日
Webinar「香港 ― 2050年カーボンニュートラル達成への道筋 ~その目標とチャンス~」
2021年11月25日
クリエイティブ産業:イノベーションと成長を促すドライバー~香港、オーストラリア、日本、韓国の専門家の視点から~

【進出事例】2022年4月7日 Rights & Brands Asia

香港新設合弁事業会社Rights & Brands Asia社が、フィンランド発のキャラクター「ムーミン」を新市場に展開

香港は、豊富な法律、金融、ライセンス業務の専門家に恵まれ、中国本土やアジアのほとんどの市場に近く、中国語と英語の両方が広く使われているため、ライセンス業界にとって理想的な戦略拠点となっています

Bianca Lee氏
CEO, Rights & Brands Asia

フィンランドの芸術家トーベ・ヤンソン氏が1940年代に「ムーミン」を初めて生み出したとき、このキャラクターが世界中で人気を博すようになることを誰も想像しませんでした。ヘルシンキに拠点を置くMoomin Characters社と、ストックホルムに拠点を置くRights & Brands社は、香港のPPW社と中華圏でのライセンス契約を締結していますが、さらに同地域におけるプレゼンスを強化し、ビジネスチャンスを拡大するため、3社は日本の大手商社である伊藤忠商事株式会社をこのパートナーシップに招き入れました。このようにして、Rights & Brands Asiaは、この4社の大望を実現するために2021年に設立されました。

アジアにおけるパートナーシップ構築のための戦略拠点

「この合弁事業は、すべての当事者にとって有益なものです」とRights & Brands Asia(RBA)のCEO Bianca Lee氏は述べました。「当社の香港事務所は中華圏事業の統括本部です。ここから、中国本土、香港、台湾における知的財産(IP)のライセンス事業を管理し、香港と海外のすべてのステークホルダーとの調整やコミュニケーションを行います」

香港は、インフラ及び地理的優位性ゆえに、RBAが知的財産(IP)ライセンス業務の地域管理を行うのに適しています。「香港には、法的また経済的に安定した社会構造があり、法律、金融、ライセンス業務の専門家が豊富にいます」とLee氏は力説しました。「香港は、中国本土やアジアのほとんどの市場に近く、中国語と英語の両方が広く使われているため、ライセンス業界にとって理想的な戦略拠点となっています」

ギャップにあるチャンス

RBAは、中華圏におけるムーミンの人気を生かし、ホーム&ファッションといった重要カテゴリーでの需給のギャップを埋め、ビジネスの成長をさせていく予定です。また、プロモーションパートナーとの連携を強化し、小売およびロケーションベースのエンターテイメント分野における新しい商機を開拓していきます。アニメ番組のコンテンツ配信をさらに拡充し、ソーシャルメディアや現地でのマーケティング活動によって、ファンとの交流を続けていくことを計画しています。「私たちの目的はRBAの事業を成長させることです。しかし、より大切なのは、各パートナーの事業もこの提携によって発展させることです。近い将来、日本と欧州の新しいブランドを中華圏の消費者に紹介できることを願っています」とLee氏は述べました。

RBAの成長に貢献すべく、Lee氏は香港の豊富な人材からの雇用を検討しています。「香港人の高い効率性、一貫した質の高い仕事、誠実さ、そして多言語・方言を操る能力を高く評価しています」とLee氏は語りました。「また、香港は、アジアでも先進的な市場であり、男女平等を受け入れています。これは、組織の全体としての健全性にとって、非常に重要だと個人的に考えています」

Lee氏は、広東・香港・マカオ大湾区(グレーターベイエリア)の巨大な消費者基盤が魅力的であることを理解しています。「グレーターベイエリアでのネットワークを構築しているライセンシーには、グレーターベイエリアでのライセンス供与を喜んで検討します」と語りました。「当社自身も、中国本土への事業拡大について、グレーターベイエリアも選択肢の一つとして検討しています」

ブランドマネジメントとライセンス業界のベテランとして、Lee氏はブランドオーナーにいくつかのヒントを提供しています。「消費者製品のライセンス業務の役割は、無名のブランドを有名にすることではありません。IPは、製品のライセンス戦略を活用して事業を拡大する前に、まずブランド認知度と親和性を高めるための明確なマーケティング計画を持っていなければなりません」

07.04.2022

https://rightsandbrands.com/asia

Fast Facts

  • Rights & Brands Asiaは、香港に本社を置き、中華圏市場におけるフィンランド発のアニメキャラクター「ムーミン」をはじめとするブランドを扱うライセンスエージェントです
  • 香港のPPW Sports & Entertainment、伊藤忠商事株式会社、フィンランドのMoomin Characters Oy、スウェーデンのR&B Licensing ABによる合弁会社で、2021年9月に設立されました

PDFファイルはこちらから
人気アニメキャラクターを中華圏に (0.2MB)

【進出事例】2022年3月

[ケーススタディ]

プライベートエクイティ投資会社のAlpha Win、香港の資本市場に対する優遇政策の恩恵により大きく成長

Alpha Win Capital Limited (Alpha Win) は、2020年に香港内外の資産運用の専門家により設立されました。香港に本社を置く同社は、生物医学とテクノロジーの分野に特化した株式投資を中核事業としています。

香港政府は金融市場の発展を積極的に推進していると、Alpha WinのCEO Li Ying氏は指摘します。バイオ医薬品企業の香港証券取引所への上場を奨励する政策や、特別目的買収企業(SPAC)の新しい上場制度など柔軟な上場基準を設け、投資プロジェクトのエグジット戦略の幅を広げました。さらに、私募ファンドが香港の有限責任組合として登録できる有限責任組合ファンド(LPF)制度を導入しました。この制度により、香港で設立される民間投資ファンドは増加しており、Alpha WinもLPFを登録しました。Li氏は、これらは香港の金融・資産管理業界の国際競争力を高める重要な政策的取り組みであると確信しています。

パンデミックにより、多くの企業はデジタル化のプロセスを加速し、投資家はバイオテクノロジー企業に注目しています。この傾向はAlpha Winにプラスに働き、成長の余地を拡大しています。今後、同社は投資先企業に資本と資源を注入し続け、3〜5年の間に、香港を拠点にGBAにサービスを提供するブティック型プライベートエクイティ投資機関に成長することを目指します。

「資産運用業界にとって、香港は成熟した金融市場であり、中国本土および世界の主要窓口です」とLi氏は語ります。

詳しくはこちら:
https://www.investhk.gov.hk/en/case-studies/driving-growth-through-new-policy-initiatives.html

資産運用会社AvantFaire Investment Managementは、テーラーメイドの資産運用サービスを通じて、ファミリーオフィスの社会・環境的インパクトにおける目標達成を支援

AvantFaireは、持続可能な都市、コミュニティ、農村の開発に焦点を当てたインパクト投資の機会を提供しています。アジアで初めてBコーポレーションの認証を受けた株式運用会社で、国連が提唱する「責任投資原則」と国際金融公社が主導する「インパクト投資の運用原則」に署名しています。「私たちは2019年に、弊社初のインパクト・ファンド・オブ・ファンズを立ち上げ、まもなくダイレクト投資マンデート業務サービスを提供する予定です」とAvantFaire Investment Managementの創業者兼CEO Catherine Chen氏は述べ、グレーターチャイナにおけるインパクト投資のエコシステムを促進するために政府が主催するイベントで、定期的に講演していると付け加えました。

Chen氏は、AvantFaireの本社が香港に選ばれたことについて次のように語りました。「香港は1世紀以上にわたって世界のビジネスの中心地です。世界のさまざまな地域の人々とコラボレーションすることは、文化の多様性と包括性を受け入れている香港のビジネスマンのDNAにすでに組み込まれているのです。インパクト投資会社として、私たちは規制の明確さと安定性、そしてESGと持続可能性に向けた全体的な政策の方向性を重視しています。プロフェッショナルな人材が揃っているため、適切なチームを編成し、非常に迅速に事業を立ち上げることができました。設立以来、投資チームの中心メンバーの入れ替わりはなく、香港の人材の質の高さには満足しています」

詳しくはこちら:
https://www.investhk.gov.hk/en/case-studies/investment-impact.html

[プレスリリース]

ブラジルの大手ECプラットフォーマーAmericanas、香港に調達オフィスを開設

ブラジルのEコマース小売大手、Americanasは2022年2月25日、香港に調達オフィスを開設しました。国際貿易センターとしての香港の地位を活用し、この地域での対外貿易事業、特に大陸からの輸入事業を加速させると発表しました。

「Americanasは、イノベーションと自社ブランドの品揃え、収益性、競争力の強化に重点を置き、海外との取引を加速させる計画です。香港事務所では、国際物流業務経験の豊富な現地の幹部チームが、弊社グループの越境業務のサポートに加え、サプライヤーとの厳しい交渉、潜在顧客の発掘、品質管理の強化に焦点を当て、運営をしています」と、Americanas 香港事務所 ディレクター Sergio Alcure氏は語りました。

さらに、「私たちは、オンラインプラットフォームを通じて、国際的なサプライヤーとブラジルのお客様をつなげたいと考えています。香港の現地チームとともに、サプライヤーの数を増やし、ますます幅広い国際的な品揃えを、より競争力のある価格で提供する予定です」 と続けました。

詳しくはこちら:
https://www.investhk.gov.hk/en/news/americanas-opens-new-sourcing-office-hong-kong.html

ドイツに本拠地を置くスマート照明ソリューション企業Sycra Technologies Limited、グローバル展開に向け香港の事業を拡大

ドイツのスマート照明ソリューション企業であるSycraは2022年3月25日、世界戦略の一環として、香港のハイテクに優しいビジネス環境と有利な政策を活用し、香港チームを拡張したことを発表しました。

2018年に香港で設立されたSycraは、コネクテッドオートメーション技術の研究開発をリードしてきました。香港サイエンスパーク(HKSTP)が運営するIncu-Tech Programmeに参加し、HKSTPとサイバーポート(Cyberport)のインキュベティやテナントのための研究者人材プログラムResearch Talent Hubを通じて技術人材を採用し、製品開発で良好な前進を遂げました。

SycraのCEO Asher Sun氏は、「スマート照明というニッチな市場で需要が高まっていることから、戦略的な立地である香港を通じて、国内外での存在感を高めることにしました。香港は、中国本土の生産能力と、革新的な技術や生活を便利に変化させる製品に対する世界のニーズをつなぐ架け橋として機能しています。それだけでなく、弊社のようなテクノロジー企業を歓迎し、多くの政府機関による支援を受けられる技術拠点として、当社の事業展開に大きく貢献する場所です」と述べています。

さらに、同氏は次のように続けました。「香港は多様な人材の宝庫で、どのようなビジネスであれ、全般的に歓迎されます。香港の今後の発展や課題は、私たちが行っていることと一致しています。私たちのブランドを成長させるには、間違いなく最適な場所です」

また、「香港事務所は、現在、当社のSMART SYSTEMの中核となる研究開発チームの技術の中心を担っており、当社の地域本部であると同時に、香港域内のみならずアジア太平洋地域、さらにはヨーロッパでの事業展開の要となる場所です」とSun氏は付け加えました。

詳しくはこちら:
https://www.investhk.gov.hk/en/news/germany-based-smart-lighting-solution-company-scales-hong-kong-operation-global-expansion.html

【動画】

  • 香港の投資環境PRビデオ
  • 香港の新しいビジネストレンドと活躍する企業のご紹介
    インベスト香港では、香港の新しいビジネストレンドと活躍する企業を紹介するPR動画を作成しました。各企業の代表者が以下のテーマ毎に、香港における各業界の最新情報と優位性について話しています。日本語字幕を付けましたので、是非ご覧ください。
  • セミナー動画
    過去にインベスト香港(日本)と香港経済貿易代表部(東京)が開催したオンラインセミナーの動画です。(オリジナル言語)

▲ Page top