• YouTube
  • Twitter
  • flickr
  • flickr

インベスト香港のSNS

インベスト香港(東京事務所)へのお問い合わせ

invest@hketotyo.gov.hk

インベスト香港
(東京事務所)

バックナンバー

2021年8月26日

【インベスト香港(東京)ニュースレター第15号】

各位

平素より大変お世話になっております。インベスト香港 東京事務所です。
ここ1ヶ月、香港における入境制限と強制検疫措置においていくつか変更がございました。そこで、現時点での制限と措置を纏めた資料を作成しましたので、お送りします。またあわせて、徐々に改善の兆しが見えてきた香港経済の景気動向につき、お知らせします。
お役立ていただけますと幸いです。

インベスト香港(東京)ニュースレター (第15号)

【今回のトピックス】
  • 1. 香港における入境制限と強制検疫措置(8月20日より実施)
  • 2. 香港の主な経済指標、景気動向指数

1. 香港における入境制限と強制検疫措置(8月20日より実施)

現在、日本は香港政府によりグループB(中リスク)に指定され、入境制限と強制検疫措置は以下の表の通りとなっております。6月30日より、ワクチン接種済みかつ香港内の指定医療機関による抗体検査で陽性が証明された入境者は、強制検疫期間を7日間に短縮できる制度が導入され、さらに8月18日からは、香港国際空港でも希望する入境者は抗体検査(費用自己負担)が受けられ、陽性が証明された場合は同様に強制検疫期間を7日間に短縮できるよう整備する予定でおりましたが、世界各地でのデルタ株の流行を受け、抗体検査陽性による強制検疫期間短縮措置は中止されました。

また、日本のグループ指定は不変ですが、8月に入り、一部のグループB(中リスク)国・地域がグループA(高リスク) に、グループC(低リスク)国であったオーストラリアがグループBに指定替えになりました。

各諸外国・地域、中国本土、マカオ、台湾からの入境制限や強制検疫措置と香港行の便に搭乗する際の搭乗条件の詳細については、巻末の補足資料をご参照ください。

2. 香港の主な経済指標、景気動向指数

  • 2021年第2四半期(4-6月)域内総生産(GDP)実質成長率
    (速報値)前年同期比 +7.5%
  • 2021年域内総生産(GDP)実質成長率 政府予測(8月13日現在)
    +5.5%~+6.5%(予測引き上げ(前回予測+3.5%~5.5%))
  • 2021年5-7月失業率(速報値、季節調整済み)
    5.0%(4~6月比0.5ポイント改善)
  • 2021年7月対外貿易統計
    輸出額 4,169億5,300万香港ドル(前年同月比+26.9%)
    輸入額 4,519億3,500万香港ドル(前期同期比+26.1%)
  • 2021年上半期(1-6月)小売売上高(速報値)
    1,743億5,700万香港ドル(前年同月比+8.4%)
  • 2021年7月香港購買担当者指数(IHS Markit発表)
    51.3(前月比0.1ポイント下落)
  • 2021年7月総合消費者物価指数(総合CPI)
    前年同月比 +3.7%
  • 2021年第2四半期(4-6月)消費者信頼感指数(香港城市大学発表)
    65.7(前期比3.3ポイント上昇)
  • 2021年第3四半期(7-9月)大企業景況感調査
    改善 17%(前回比1ポイント増)
    変わらず 72% 悪化 11% (前回比5ポイント減)
  • 2021年7月中小企業業務状況調査
    現行指数 46.6(前回比1.5ポイント改善)
    展望指数 52.0(前回比2.5ポイント改善)

【香港における入境制限と強制検疫措置(概略)】

(2021年8月20日より実施)

全詳細はこちら(英語)
https://www.coronavirus.gov.hk/eng/inbound-travel.html
入境検疫まとめガイド(英語)
https://www.coronavirus.gov.hk/pdf/concise_guide_vaccinated_travellers_ENG.pdf
ワクチン接種証明書、PCR検査、強制検疫指定ホテルの詳細については、本資料最後の説明(概略)をご参照ください。

<諸外国>

<中国本土とマカオ>

  • Return2hk Schemeについて
    Return2hkは中国本土およびマカオから香港に戻るために入境する香港居民を対象とした特別なトラベル計画です。一定の条件を満たす者は、本計画への事前申請を行うことにより、香港入境時に義務付けられる強制検疫が免除されます。
    Return2hkの詳細はこちら: https://www.coronavirus.gov.hk/eng/return2hk-scheme.html
    尚、本計画は2021年4月29日に中国本土全域とマカオを対象地域とし開始されましたが、現在は広東省から香港に戻る香港居民のみを対象としています。
    Return2hkの対象外に指定された地域はこちら(暫定措置):
    https://www.chp.gov.hk/files/pdf/at_risk_places_temporarily_inapplicable_underreturn2hk.pdf

<台湾>

ワクチン接種証明書について

詳細はこちら(英語)
https://www.coronavirus.gov.hk/eng/inbound-travel.html#Vaccination

ワクチン接種済みと認定されるための条件

グループA(高リスク)

グループAの認定ワクチン証明書は以下4つのいずれかであり、かつ形式要件を満たすものであることが求められます。

  • 香港政府により発行されたワクチン接種証明書。
  • 中国政府またはマカオ政府、もしくは中国政府またはマカオ政府の認定医療機関により発行されたワクチン接種証明書。
  • 世界保健機構(WHO)によって規制当局がStringent Regulatory Authority(厳格な規制当局)と認定されている国・地域もしくはその国・地域の認定医療機関によって発行されたワクチン接種証明書。
    Stringent Regulatory Authority一覧はこちら:
    https://www.who.int/initiatives/who-listed-authority-reg-authorities/SRAs
  • 香港と二国間ワクチン接種記録承認協定を結んでいる国・地域、またはその国・地域の認定医療機関によって発行されたワクチン接種証明書。

【形式要件】- 英語もしくは中国語のワクチン接種証明書で、パスポートと同じ表記の接種者氏名と以下の情報を含むもの。

  • a) COVID-19ワクチン接種を受けた事実と直近の接種日
  • b) 投与されたワクチン名

- 英語もしくは中国語で記載されていないワクチン接種証明書や、上記の情報を網羅していない証明書の場合は、パスポートと同じ表記の接種者氏名ならびに上記a) と b)の内容を英語もしくは中国語で記載した書面の確認書を、ワクチン接種した国・地域の政府機関もしくは認定医療機関に発行してもらい、ワクチン接種証明書の原本と一緒に提示する必要があります。

グループB(中リスク)

グループC(低リスク)

中国本土とマカオ

台湾

香港もしくはワクチン接種した国・地域の認定医療機関または政府機関が運営するワクチン接種施設が発行するワクチン接種証明書。

【形式要件】 - 英語もしくは中国語のワクチン接種証明書で、パスポートと同じ表記の接種者氏名と以下の情報を含むもの。

  • a) COVID-19ワクチン接種を受けた事実と直近の接種日
  • b) 投与されたワクチン名

- 英語もしくは中国語で記載されていないワクチン接種証明書や、上記の情報を網羅していない証明書の場合は、パスポートと同じ表記の接種者氏名ならびに上記a) と b)の内容を英語もしくは中国語で記載した書面の確認書を、ワクチン接種した国・地域の政府機関もしくは認定医療機関に発行してもらい、ワクチン接種証明書と一緒に提示する必要があります。

PCR検査の陰性証明書について

詳細はこちら(英語)
https://www.coronavirus.gov.hk/eng/inbound-travel.html
(Negative result proof of a PCR-based nucleic acid test for COVID-19)

グループA(高リスク)

グループB(中リスク)

グループC(低リスク)

台湾

  • 検査機関もしくは医療機関が発行する英語もしくは中国語のPCR検査証明書で、パスポートと同じ表記の検査受診者氏名と以下の情報を含むもの。
    • a) 搭乗予定フライトの出発時間72時間以内に当該受診者からサンプルを採取し、PCR検査を行ったという情報
    • b) サンプルに対して実施されたのがPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)ベースの核酸検査であるという情報
    • c) 当該検査受診者のPCR検査結果が陰性であったという情報
  • 英語もしくは中国語で記載されていないPCR検査の陰性証明書や、上記の情報を網羅していない証明書の場合は, パスポートと同じ表記の検査受信者氏名ならびに上記a) ~ ⅽ)の内容を英語もしくは中国語で記載した書面の確認書を、検査機関もしくは医療機関に発行してもらい、陰性証明書と一緒に提示する。
  • 英語もしくは中国語の陰性証明書ならびに書面の確認書には、検査を行った検査機関もしくは医療機関がISO15189 認定もしくは検査が行われた国・地域の政府機関の認定を取得していることを明示する。

中国本土(広東省を除く)とマカオ

  • 以下の研究所・検査機関で実施されたPCR検査証明書。
  • 上記PCR検査証明書で、以下の情報を含むもの。
    • a) 搭乗予定フライトの出発時間72時間以内に当該受診者からサンプルを採取し、PCR検査を行ったという情報
    • b) サンプルに対して実施されたのがPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)ベースの核酸検査であるという情報
    • c) 当該検査受診者のPCR検査結果が陰性であったという情報

強制隔離期間後に実施するPCR検査

強制隔離機関終了後のPCR検査については、香港内の各地域にあるコミュニティー検査センターにて受診。
コミュニティー検査センター一覧:https://www.communitytest.gov.hk/en/

強制検疫指定ホテルについて

詳細はこちら(英語)
https://www.coronavirus.gov.hk/eng/designated-hotel.html

強制検疫指定ホテル一覧
8月31日まで:https://www.coronavirus.gov.hk/pdf/designated-hotel-list-v4_en.pdf
9月1日~11月30日まで:https://www.coronavirus.gov.hk/pdf/designated-hotel-list-v5_en.pdf

以上

ニュースレターの内容やその他香港に関するご質問・ご相談は、こちらのメールアドレスまたは電話番号までご連絡下さい。
Email: k_hashiba@hketotyo.gov.hk (担当:橋場・浜川)
Tel: 03-3556-8961
配信停止をご希望の方は本メールアドレス:(invest@hketotyo.gov.hk)に空メールをご返信下さい。

香港経済貿易代表部 Hong Kong Economic & Trade Office
投資推進室 InvestHK Desk
Tel: 03-3556-8961  Fax: 03-3556-8960
〒102-0075東京都千代田区三番町30-1
E-mail: k_hashiba@hketotyo.gov.hk
URL: 
http://www.InvestHK.gov.hk (InvestHK)
http://www.hketotyo.gov.hk (香港経済貿易代表部)

▲ Page top